公演を観る

さくらホール夏のえんげき工場2021・・いきなりムチャぶり!「ことばのないげき、つくれませんか?」

2021年度の事業 内容紹介ページの【QRコード】からお申し込みください 共催事業

公演日時

2021年8月10日(火)~8月12日(木)3日間

10:30~15:30

会場

さくらホール 大アトリエほか

公演情報 8月の3日間、「さくらホール夏のえんげき工場2021」をオープンします。
工場なので劇を見るのではなくつくります。今回のオーダーは「ことばのない劇、
つくれませんか?」。はたしてそんな劇をつくることはできるのでしょうか!?
チケット料金

参加料1,000円 / 申し込みはこちらの【お申込みフォーム】からお願いします。

※小学4年生からお申し込みいただけます。
※原則3日間参加できること。

出演

講師:小堀陽平(こぼり ようへい)

演劇をつくるひとです。東京で生まれ育ち、演劇の勉強をして、西和賀町に来ました。
さくらホールでは「極悪王マスキングの罠」という劇をこどもたちとつくったり、
「北上市民劇場」をお手伝いしたりしています。

今回は演劇をつくりながら、みんなで「もしも〈ことば〉がなかったら・・・」という
ことを考えてみます。〈ことば〉を使わずに場所や気持ちやできごとを伝えるにはどう
したらいいか、3日間たのしく考えてみましょう!

問い合わせ先

主催:一般社団法人ブリッジ(小堀)090-2238-6465 bridge.kobori@gmail.com
共催:一般財団法人北上市文化創造

備考

持ち物:昼食、水筒、マスク、筆記用具

2020年7月開催「子どもの舞台芸術体験事業 キッザート 夏休みスペシャル・演劇ワークショップ

げきあそび『極悪王マスキングの罠』に参加した子どもたちのアンケートより抜粋

「また参加したい」と答えた子どもは100%


・物語や小道具を考えたりつくったりすることが楽しかった!
・自分らしくえんじることができたし、友だちとも仲良くできたから楽しかった!
・ハートがドキドキしました。
・先生の演技やお話がおもしろかった!