舞台を使う

利用の流れ

ご利用前

催事の円滑な進行を図るため必要な事柄をホール技術スタッフと打ち合わせします。

1.打ち合わせについて・内容や進行が決まりましたらホール技術スタッフと打ち合わせをお願いします。
・遅くても利用日の2週間前までにお願いします。
・打ち合わせ希望日時はあらかじめお知らせください。ホール技術スタッフの都合により、調整が必要な場合もあります。
・打ち合わせ日に舞台下見ができない場合があります。下見もご希望の場合はあらかじめお知らせください。
・申込予約時間内で 仕込み(準備)~ 本番 ~ バラシ(撤収)が間に合うか確認をします。ホール技術スタッフも「舞台」「音響」「照明」を仕込み・バラシをするので段取りの確認をします。
・使用するピアノや楽器類、備品などは数に限りがありますので予約順で優先利用となります。
2.係員の手配について・ホール技術スタッフは催事内容により1名~ 3名で対応します。
・主催者より舞台周りの総括する「舞台進行責任者」の選任をお願いします
・仕込み量や演出規模などにより、進行担当(舞台監督)や、仕込み・転換要員、ピンスポット操作要員などの「係員」を手配していただく場合があります。「係員」に操作説明が必要なものはホール技術スタッフが説明いたしますのでご相談ください。
・ピアノ調律が必要な場合は主催者が調律師を手配してください。調律作業は申込予約時間内でお願いします。その際ピアノ使用料が発生します。

必要な資料を用意していただき、打ち合わせ時に提出をお願いします。

項目内容確認事項
催事資料進行表申込予約時間内でご要望にお応えできるかなどを確認・調整
タイムスケジュール安全な段取りで仕込み・バラシができるか
演出プラン関係機関へ届出の確認
プログラムなど必要な係員の配置の有無および人数の確認
舞台関係資料舞台配置図など必要備品の数量や配置を確認


催事内容によって関係機関へ届出が必要な場合は、主催者が行ってください。

該当事項届け出先届け出書類
たばこやロウソクなど
申請が必要なオイルを使用するスモークマシーンなど
北上消防署 0197-64-1122裸火使用等承認申請書 承
認されたものをホールへ提出
音楽著作物を有する演奏や、CDを使用するなどJASRAC(日本音楽著作権協会)仙台支部 022-264-2266詳しくはホームページをご確認ください。 https://www.jasrac.or.jp/index.html

※万が一、催事当日に火災・地震などの非常事態が発生した場合、主催者にも来場者・参加者の避難誘導にご協力いただく場合があります。事前に非常口や避難経路などのご確認をお願いします。

ご利用当日

あせらず仕込み~事故なく本番~あわてずバラシて無事成功

1.仕込みについて・主催者より選任された「舞台進行責任者」と確認をしながら仕込み作業を進めていきます。
・軽易な作業は主催者にお手伝いいただきながら仕込みます。
・ホール技術スタッフは「舞台」「音響」「照明」を打ち合わせ内容に沿って仕込んでいきます。場合によって軽易な作業をお願いする場合もあります。
・危険を伴う作業もあるので、ホール技術スタッフが声掛けをする場合があります。
2.本番について・「舞台進行責任者」「係員」とホール技術スタッフが連携をしながら開場~開演~終演と進めていきます。
3.バラシについて・ホール技術スタッフが「舞台」「音響」「照明」をバラシます。場合によって軽易な作業をお願いする場合もあります。
・机、椅子、そのほか使用した備品は元の場所へ戻してください。
・床面の清掃(掃除機掛け・モップ掛けなど)をお願いします。
・舞台のほか、客席・ホワイエ・楽屋などの原状復帰もお願いします。
・施設や備品の破損、紛失した場合、相当額を弁償していただく場合もあります。まずは速やかにご報告してください。
4.ご利用により発生したごみの処理について・原則として、主催者がすべてお持ち帰りください。
・弁当の空容器などは、利用当日に必ず回収・撤去してください。
・当館で販売する指定有料ゴミ袋に分別収集されたものは、サービスセンター窓口で引き取ります。
・弁当の空容器など業者が後日回収する場合は、サービスセンター窓口でお預かりします。
・舞台装飾花用スタンドなど業者が後日回収する場合は、サービスセンター窓口でお預かりします。

そのほか、ご不明な点やご相談などございましたら、舞台技術専用ダイヤルにお問い合わせください。
舞台技術専用ダイヤル:0197-61-3878